読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京行俊のマーケティングブログ

気になったことを独自の目線で斬っていくだけのブログです。

栗木裕子のマル秘士業情報

栗木裕子が士業に関するお得情報を愛読者の皆様にご共有いたします。

士業マーケティングのテクニックを身につけよう

税理士や社労士、行政書士司法書士など、士業に就いて事務所を開業したいと考えている人たちはたくさんいます。けれど、難易度が高い国家試験を受けて合格する必要がありますので、専門学校に通ったり、通信講座を受けたりして試験勉強に励む場合が多いです。そのように難しい試験に合格して、専門性の強い知識を習得していますから、士業の仕事に対する単価は高い傾向です。けれど、事務所の増加に伴い、競争が激しくなれば、仕事の受注が減る心配があります。そのような事態を回避するためにも、士業マーケティングのテクニックを身につけることは大切です。インターネットで検索すれば、仕事の受注を増やすアドバイスを行っているホームページがありますし、セミナーや講座も開かれていますから、士業マーケティングについて学ぶことをおすすめします。

作・栗木裕子 編成・栗木裕子

士業における年収格差はどのくらいあるのか

士業の年収はどのくらいあるのか興味の高い内容ですが、士業の種類によって大きく変動があります。高収入のイメージが強い弁護士や税理士といった仕事をしている方々の中にはもちろん年収1000万円以上の収入を得ている人もいますが、資格を取得しただけという人もいれば、顧客をもてず集客に苦労し収入が低い方々もいます。医師の年収も高いと思われがちですが、勤務先や働くスタイルによって1000万以上の年収格差がある職業としても有名です。また、測量士や社会福祉士は企業勤めが基本なので無資格の人との差としては資格給というや手当が会社の中にあればその金額が上乗せされるにすぎません。また保育士や栄養士といった仕事はそもそも求人募集がすくないうえ、競争率も高いのでアルバイトやパートといった勤務形態で就業することも少なくありません。

作・栗木裕子 編成・栗木裕子

士業の年収というものは人によって千差万別

士業の年収というものは、人によって千差万別ですから、あまり平均を参考にしないことがベストです。あくまで平均はデータの一種であり、参考にしても自分にそれが当て嵌まるのか、というのはまた別問題です。そもそも士業といっても色々とありますし、その中でも良い人悪い人がいるわけです。重要なのはコネであり、人脈であると忘れないことです。基本的には固定客がいくらいるのか、ということによって収入と言うものは決まるのです。年収の平均をあてに出来るのは会社勤めくらいなものであって、あくまで自分自身で稼ぐのが士業の本分であり、それが一番重要なところであるといえます。独立しているのであれば、これは当然のことです。すぐに固定客が付くわけではありませんが、しっかりと営業をして信頼を獲得していけば、決して不可能ではないのです。

作・栗木裕子 編成・栗木裕子

通販ビジネスに特化したブログも運営しておりますので、ご興味ある方は下記リンクをクリック!

栗木裕子オフィシャルブログ