読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京行俊のマーケティングブログ

気になったことを独自の目線で斬っていくだけのブログです。

競売で買うのが得か

競売という言葉を聞いたことがあるでしょう。 競売にかけられることになる物件については、基本的には一般の価格と比較してもかなり安く購入することが可能になります。 ですが、競売に出されているような物件に関しては原則として権利関係に関しての問題を抱えていることが多いです。競売で買うことが出来る物件については、この問題を解決することが出来るのならば、といったことを前提とした価格になっているので安く購入することが出来るのです。 ちなみに、落札をするのにあたっては個人で落札しようとするのは書類などをしっかりと揃えなくてはならないため、かなり大変なところがあります。しかし、やり方をしっかりと覚えることが出来るのならかなり安く購入できるところは魅力的ではあります。 ただ、ある程度の知識はやはり必要になりますし、落札できたとしても問題は山積みといったこともありますので、競売物件を専門に取り扱っている業者に依頼をして購入して、弁護士に権利関係に対する相談に乗ってもらうのが一番早い道になるでしょう。費用はかかりますが、家の本来の価格よりも高くなることはまずないでしょう。 

売る方法

物件を売る方法について考えてみましょう。基本的には物件を売りたいと思ったら、不動産会社に依頼をして、まずは自分の物件の見積もりをしてもらうことになります。それから、見積もりの金額について納得したらそこで媒介契約というものを結び、不動産会社に仲介役になってもらい買主を探すことになります。買主については媒介契約の内容にもよりますが、原則としては自分で探すことも出来ますが、不動産会社に探してもらう方がいいでしょう。買主が見つかったらそこで相手と交渉をして内容に関して問題が無ければ売買契約が成立すると言った流れになります。一般的にはこの一連の流れが終わるまでは大体早くても3か月くらいかかるということです。ちなみに、不動産会社に依頼をするときには、見積もりを依頼する段階で信頼出来る様な相場に合った金額を提示してくれるところを選ぶことが大切になります。また、この信頼できる不動産会社を選ぶためにも、見積もりは複数の企業に依頼をするのがいいでしょう。この時には、インターネットでの一括見積を使うとスムーズに出来るでしょう。

ハイパーマーケティングホールディングス株式会社